EV BLOG

暖房使用の影響は?日産リーフ(40kWh)で名古屋~諏訪を走ってみた。冬編

#使い方

諏訪市 12月のある晴れた日の外気温

諏訪市 12月のある晴れた日の外気温


日産自動車の浅井です。

電気自動車はさまざまな条件によって電費(電気1kWhで走ることができる距離)、航続可能距離が変わります。
そこで、数回に渡って、同じルートを条件を変えた走行記録をご紹介し、何が変わるとどれぐらい影響があるのか実際にご覧いただくシリーズ3回目です。

(1)ノーマルタイヤ エアコンOFF
(2)スタッドレスタイヤ エアコンOFF
(3)スタッドレスタイヤ エアコン(暖房)ON

今回は
(3)スタッドレスタイヤ エアコン(暖房)ON

の走行記録です。

ルートは名古屋~諏訪約200㎞。






ルートの確認


距離は全体で約200㎞。ほぼ高速道路を走るルートです。
ルート内の標高差が800mほど(名古屋→諏訪で標高が上昇)。

名古屋→諏訪
諏訪→名古屋
ともに100%充電からのスタート。

エアコンは
常時暖房使用(20~22℃設定)。

くわえてステアリングヒーター、クイックコンフォートシートヒーターも使用して走りました。





充電スポットの確認

諏訪~名古屋間の高速道路には、上下線ともに6カ所充電スポットがあります。
40㎞前後の間隔です。


名神高速道
・尾張一宮PA

中央道
・内津峠PA
・恵那峡SA
・阿智PA
・駒ヶ岳SA
・諏訪湖SA


参考リンク
NEXCO中日本 EV急速充電スタンド





<<<名古屋→諏訪>>>

事前の予想

「距離200㎞。高速道路をほぼずっとのぼりっぱなし。前回のスタッドレスタイヤ+エアコンOFFでの走行時は阿智PA(スタートから約110㎞)で1回充電。今回も同じように阿智PAで充電かな。エアコン(暖房)使用する分どれぐらい影響でるか?阿智に先客がいたら次の駒ヶ岳SAまで行けるぐらいは残っているのかな」

1回は充電するとして、充電の順番待ち回避のためにプランB(先客がいたら次のスポットへ移動)が選びうるかが気になるポイントでした。





結果

普通充電で100%充電にして名古屋を出発
名古屋市
前回も前々回も書きましたが、名古屋市内は200V普通充電できる駐車場がたくさんあって便利です。

電池残量 100%
航続可能距離表示 269km



(↓走行距離115.1㎞)



普通充電で100%充電にして名古屋を出発
阿智A(上り)

到着時の電池残量は34%、航続可能距離表示は77㎞。
次の駒ヶ岳SAまでは約35㎞なので、問題なく行ける計算でしたが急速充電器が空いていたので30分充電

前回のスタッドレスタイヤ+エアコンOFFでの走行時の阿智PA(上り)到着時の電池残量も34%。航続可能距離は80㎞。
あれ?ほとんど差がない......





(↓走行距離89.6㎞)



日産リーフ@松本日産諏訪店
諏訪市

電池残量33%
航続可能距離表示 81㎞
全行程平均電費 5.7㎞/kWh
平均時速 74㎞/h


愛知県名古屋市→長野県諏訪市 距離204.7㎞、途中充電1回30分でした。

電費は5.7kWh







<<<諏訪→名古屋>>>

事前の予想

「ルートは200㎞でくだり坂。前回のスタッドレスタイヤ+エアコンOFFでの走行時は名古屋到着時に10%残り。暖房使用分電気使うから名古屋到着時は1ケタ%になっちゃうなぁ。ルート上に6カ所あるSA/PAの急速充電器でちょい足しかな」

という心づもりでした。



結果

諏訪湖(上諏訪)
上諏訪から出発します。
上諏訪は200V普通充電ができるホテル・お宿がたくさんあります。

電池残量 100%
航続可能距離表示 238km



(↓走行距離171.3㎞)



中央道 内津峠PA(下り)で急速充電中の日産リーフ
内津峠A(下り)
雪がちらついていました&雪が残ってました。

到着時の電池残量は18%。
残りの距離は約40㎞。
航続可能距離表示49㎞。

予想通り充電なしで名古屋に到着しても残り数%になりそうだったので7分だけちょい足し充電



(↓走行距離82.7㎞)


名古屋城
名古屋市
※上の写真は別の日に撮ったものです。

電池残量18%
航続可能距離表示 50㎞
全行程平均電費 7.1㎞/kWh
平均時速 73㎞/h


長野県諏訪市→愛知県名古屋市 距離209.9㎞、途中充電1回7分でした。

電費は7.1kWh



基本的に
一般道 e-Pedal ON
高速道路 プロパイロットON
で走っています。
ただし、一部の長く続く下り坂ではプロパイロットをOFFにしています。





まとめ

暖房ON(今回)
名古屋→諏訪は電費5.7km/kWh
諏訪→名古屋は電費7.1㎞/kWh

エアコンOFF(前回)
名古屋→諏訪は電費5.9km/kWh
諏訪→名古屋は電費7.4㎞/kWh


名古屋→諏訪
諏訪→名古屋
どちらも暖房使用有無による電費差は4%でした。


いずれの走行時も晴れ。
外気温は
エアコンON走行時が1~5℃
エアコンOFF走行時が2~9℃
外気温は下記「記録詳細」のリンク先のメーター写真にてご確認いただけます。






記録詳細
クリックするとメーター写真が確認できます。

名古屋→諏訪


名古屋市
100%
269㎞

阿智PA(スタートからの距離115.1㎞ 以下同)
30分充電後メーター
34%→85%
77㎞→191㎞

駒ヶ岳SA(150.1㎞)
63%
140㎞

諏訪湖SA(196.3㎞)
37%
81㎞

上諏訪(204.7㎞)
33%
74㎞
全行程平均電費 5.9㎞/kWh



諏訪→名古屋


上諏訪
100%
238㎞

阿智PA(上り)(スタートからの距離95.0㎞ 以下同)
54%
136㎞

恵那峡SA(上り)(129.0㎞)
41%
113㎞

内津峠PA(171.3㎞)
7分充電後メーター
18%→33%
49㎞→96㎞

尾張一宮PA(192.7㎞)
25%
73㎞

名古屋市(209.9㎞)
18%
50㎞
全行程平均電費 7.1㎞/kWh






日産リーフの使い勝手を体験していただけるモニター試乗キャンペーンを実施中です。
ぜひお近くのお店でお試しください。

日産リーフモニター試乗 申込ページ


高速道路を走行中の日産リーフ





~~~~~~~~~~~~~~~~~

車両は2017年モデルの日産リーフ(40kWh駆動用バッテリー搭載車)。
Gグレードです。
(基本的に当ブログでは特別言及がない場合はその時点の最新モデルでのご案内となります)

乗車人数は常時は1人。
エアコンは常時暖房使用(20~22℃設定)。ステアリングヒーター、クイックコンフォートシートヒーターもほぼ常時使用しています。
走り方は流れに合わせています。

電費は、ガソリン車でいう燃費に相当する言葉で、電気1kWhで何キロ走ることができたかを表す数値です。数値が大きくなるほど効率がよいことになります。

プロパイロットは高速道路や自動車専用道路でご使用ください。安全運転をおこなう責任はドライバーにあります。システムの能力には限界がありますので、システムだけに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。

日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2「使いホーダイプラン」※ご加入であれば日本充電サービス(NCS)対応の急速充電器が都度課金なしでご利用可能です。
普通充電は利用時間に応じて料金が必要(1.5円/分)です。
※充電以外のサポートも含めて月額2,000円(税別)が必要です。


なお、本記事中に電池残量等の数値を記載しておりますが、メーカーとして保証するものではありませんので、あくまで一例としてお考えください。
実際のドライブの際には余裕のある計画を立ててお出かけください。
情報は2018年12月時点のものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

TOPに戻る

<注記>