ペダルを踏んだ時の加速。
ハンドルを切った時のスムーズさ。
瞬間レスポンス電気自動車 日産 リーフで
気持ちいい走りをあなたに。

日産リーフ走りの特長

クイックでパワフルな走行性能

Features of NISSAN LEAF

電気自動車ならではの俊敏な加速性能と思い通りのコーナリング性能
電気自動車ならではの俊敏な加速性能と思い通りのコーナリング性能
Features of NISSAN LEAF

電気自動車ならではの
俊敏な加速性能と
思い通りのコーナリング性能

アクセルを踏み込んだ瞬間に一気に加速する、
EVならではのクイックかつダイレクトな加速性能。

そしてバッテリーを床下に積むことで
低重心レイアウトと高剛性ボディにより
ハンドリングはよりリニアに。

さらにコーナリング時に4輪それぞれのブレーキを制御することでより滑らかなコーナリングを実現します。

e-Pedalで運転がもっとたのしく

Features of NISSAN LEAF

アクセルだけで加減速コントロール。ブレーキを踏まずに停止・停止維持

アクセルだけで加減速コントロール。ブレーキを踏まずに停止・停止維持

Features of NISSAN LEAF

アクセルだけで加減速を
コントロールできるから、
操作とクルマの動きの
一体感が増します。

アクセルを戻すだけで一般的なブレーキングと同等の減速感(最大0.2G)を発生。

アクセルとブレーキの踏み替えが大幅に減ります。
また、ブレーキを踏まなくても、停止が保てます。
(登り坂、下り坂共に約30%の匂配まで)

電気自動車ならではの静粛性、
乗り心地

Features of NISSAN LEAF

日産リーフのモータードライブは高級セダンに引けをとらない静粛性を実現

日産リーフのモータードライブは高級セダンに引けをとらない静粛性を実現

Features of NISSAN LEAF

日産リーフの
モータードライブは
高級セダンに引けをとらない
静粛性を実現

エンジンを搭載しないEVは、
走行中と思えないほど車内が静か。

インテリジェント ライドコントロール(車体振動システム)を搭載することで車体の上下の動きを予測し、モーター(駆動力)を制御することでデコボコ道などでの車体振動を低減。

乗り心地と安心感の向上を実現しています。

さらに走りの特長を強化した
NISMO

Handling Performance

欧州テイストのクイックなハンドリング性能

Handling Performance

欧州テイストのクイックなハンドリング性能

Handling Performance

欧州テイストの
クイックなハンドリング性能

日産リーフ NISMOは、
NISMOのエキサイティングな走りを実現するために、スポーティな走行の醍醐味である、ステアリング操作へのダイレクトかつ車体の俊敏な応答性のさらなる向上を目指して、各部のチューニングを進化させました。

Acceleration Performance

アクセルに間髪を入れず反応する鋭い瞬発力

Acceleration Performance

アクセルに間髪を入れず反応する鋭い瞬発力

Acceleration Performance

アクセルに間髪を入れず
反応する鋭い瞬発力

日産リーフ NISMOでは、NISMOらしい加速感を追求してコンピューター(VCM)を専用チューニング。

コーナー立ち上がりでの俊敏な加速レスポンスとともに、コーナー進入時のスポーティな減速感も得られるため、キビキビとした小気味のよいドライビングを堪能できます。

SPECIAL MOVIE

開発者が語る
日産リーフ NISMO

モータースポーツで培った技術とノウハウを電気自動車に注ぎ込んだ日産リーフ NISMO。
新感覚のスポーツEVドライブを可能にした開発背景を、NISMO CARS車両開発主管、
長谷川 聡が語る。
NISMO CARS車両開発主管 長谷川 聡
NISMO CARS
車両開発主管
長谷川 聡


NISMO CARS車両開発主管 長谷川 聡

NISMO CARS
車両開発主管
長谷川 聡


モータースポーツで培った技術とノウハウを
電気自動車に注ぎ込んだ日産リーフ NISMO。
新感覚のスポーツEVドライブを可能にした開発背景を、
NISMO CARS車両開発主管、長谷川 聡が語る。

NISMO CARSが考えるロードカーの開発

NISMO CARSが考えるロードカーの開発

NISMO CARSが考える
ロードカーの開発

私達が開発を手掛けるNISMO車両は、スポーティかつエキサイティングな走りを可能にする、究極のロードカーです。そのNISMO CARSがモータースポーツの世界で培った技術とノウハウを電気自動車に注ぎ込んだのが日産リーフ NISMOです。

電動車両のロードカーという挑戦に対し、エンジニアとドライバー、開発チームが一丸となって限界領域までテストを繰り返すのには理由があります。


近年、基準車となる車両の開発レベルが上がり、ロードカーに対するお客様の期待も高くなりつつあります。基準車でやれないこと、できないことを時間かけて追及し、車に強い個性を持たせることがロードカーの使命だと信じています。

昨今の車作りは基準書に従うことで、完成車を見るまでもなく性能の大部分をシミュレートすることが可能です。安定して短期間に開発できる基準車としてのメリットはありますが、ロードカーとしては今ひとつ個性が足りない。

その不足している個性こそが、動性能の差別化です。

NISMO CARSの車は「より速く」「気持ち良く」「安心して走れる」

NISMO CARSの車は「より速く」「気持ち良く」「安心して走れる」

NISMO CARSの車は
「より速く」「気持ち良く」
「安心して走れる」

動性能に関する車両開発の技術は、すでに基準車で高いレベルに達していますが、人の感覚による作り込みの領域に、基準車との違いを見いだせるとNISMO CARSは考えています。

前述のように、基準車ではシミュレーションの段階で大方の性能が決まります。ですが、実際には、エンジン、シャシー、ブレーキ、車体などの限られたキャパシティーにも手を加えることで、車の個性を大きく変えることができます。

私達はその“人の感覚による作り込み”をチューニング技術と呼び、基準車に対してさらなる時間をかけてテストコースで磨きあげていきます。そこにはNISMO Racingで培ったエンジニアたちの技術、レジェンドと呼ばれるテストドライバーの確かな経験値など、シミュレーションだけでは達成できないNISMO CARS独自のチューニング技術が施されているわけです。

より速く、気持ち良く、安心して走れるよう、人の感性に合わせて作り込んでいるのがNISMO CARSのロードカー。そこにはレーシングチームとしてのプライドと誇りがあります。

NISMO CARSが挑戦している電動車両のロードカー

NISMO CARSが挑戦している電動車両のロードカー

NISMO CARSが挑戦している
電動車両のロードカー

2017年に発売された日産ノート e-power NISMOに続き、2018年に完全EVの日産リーフ NISMOを発売しました。

この2車種は次世代型スポーツEVドライブのコンセプトモデルとして、市場から好評を得ましたが、2020年では日産リーフ NISMOのハンドリングに新たなるチューニング技術を施しました。

これは、NISMOロードカーの基本概念、より速く、気持ち良く、安心して走れる車に進化させるための改良です。

一般的に車のタイヤはハガキ4枚程度の接地力・接地面でコントロールされています。通常の速度ですとまったく問題なく走れますが、車速が限界に近づいた時だとそうはいきません。四輪のタイヤ、それぞれのバランスが崩れてしまいます。まさにその時、私達NISMO CARSは、車に対して人間の感性に合った動き、コントロールを求めているわけです。

ステアリングのギヤー比を変え、それに合わせたシャシー関連機能の見直しによって、NISMOの基本概念に近づいた車になったと確信しています。幾度となくテストコースを走り続けた評価ドライバーからのフィードバックなくしては実現しませんでした。

このような通常では起こることがない限界領域まできちんと作り込まれた車は、普通の道ではより速く、気持ち良く、そして何より安心感が持てる車に進化します。

それこそがNISMO CARSが考えるロードカー開発の根幹です。

NISMO CARSが目指す未来

NISMO CARSが目指す未来

NISMO CARSが
目指す未来

日産はEVの先駆者として、世界で唯一、電動車両のロードカー開発をNISMO CARSを通じて行っています。

ガソリン車と大きく特性が異なる電動車両は、電気ならではのチューニングの広がりがあります。その反面、変更可能な個所も多岐に渡ります。

まるでオーダーメイドの服を仕立てるかのように、細かな制御定数の変更と、評価ドライバーからのフィードバックをひとつひとつ丁寧に繰り返して車を作る必要があるわけです。

それはNISMO CARSの得意とした車作りであり、電動車両のロードカーはNISMO CARSに適した素材とも言えます。

今後、EVを中心に展開されるNISSAN INTERIGENT MOBILITYの車両を、より速く、気持ち良く、安心して走れる車に進化させるNISMO CARSにご期待ください。

<注記>

  • ※本サイトに掲載されている画像や動画の車両と販売されている車両では、一部仕様が異なります。
  • ※仕様ならびに装備は予告なく変更することがございます。
  • ※3D画像はCGによるイメージ画像です。実際の色とは異なって見えることがあります。
  • ※掲載されている写真の一部は合成写真となります。
  • ※LINE株式会社は、本サイトのスポンサーではありません。
  • ※LINEおよびLINEロゴは、LINE株式会社の登録商標です。©LINE Corporation