EV BLOG

発電機の音とにおいがしない屋外イベント 新潟いわむロック

#蓄電池利用

電気自動車「日産リーフ」から取り出した電気で屋外イベントの音響を使いました@いわむロック2019

いま、電気自動車の蓄電池利用が注目を集めています。


ひとつは、電気自動車にためた電気を家で利用する使い方。


V2HやVtoHという言葉を見聞きした方が少なくないと思いますが、これは「Vehicle to Home」の略。
電気自動車のバッテリーに蓄えた電気を家で使う仕組み、およびその総称です。

太陽光発電の固定価格買取制度が順次終了(卒FIT)するので、 太陽光で発電した電気を自家消費するための蓄電池として電気自動車の活用が注目されています。



もうひとつは、電気自動車にためた電気を電源がない屋外で利用する使い方。


電気自動車にためた電気を、専用機器を介して屋外や出先でも様々な電気製品の電源として使う方法です。
先日の千葉県の大規模停電時には停電地域に日産リーフと専用機器が停電地域に出向き、電力供給を行いました。

千葉県での例は災害時の活用でしたが、「電気自動車からの外部給電」は平常時でも活躍します。

本記事では、そんな、「電気自動車 日産リーフからの外部給電」が屋外イベントで活用された例をご紹介します。


ご紹介するイベントは新潟市岩室温泉で行われた「いわむロックFESTIVAL2019」。
このイベントでは、屋外会場内で
4台のリーフがニチコン社製パワームーバー経由で、イベント用の電力供給を行っていました。



ひとつずつご紹介します。



(1)音響設備+エアー遊具に電力供給

日産リーフ パワームーバー経由で給電中

日産自動車がイベント用にご提供した赤いリーフは2つの用途に電力供給。
ひとつは本記事冒頭の写真のように屋外の出し物の音響用に。



日産リーフからの電力供給で膨らんでいるふわふわ遊具

もうひとつはこの大きなエアー遊具に電力供給。



(2)音響設備、キッチンカー、コーヒーメーカー等に電力供給。

株式会社パルコミュニケーションズの五十嵐社長

新潟で電気通信事業、エコ事業を展開するパルコミュニケーションズさんのブースでもリーフから電力供給。

リーフ横の男性は五十嵐修社長。リーフもパワームーバーも自前です。



いわむロック2019 ポロロッカ ミニライブ中

白いリーフからはミニライブ音響と、左のふたつのテント、奥の黄色いキッチンカーに電力供給。



ガパオライス

奥の黄色いキッチンカーでは冷蔵庫、保温ジャー、照明にリーフからの電気が使われていました。
そのキッチンカー「うめやんキッチン」さんで売られていたガパオライス。



日産リーフから供給された電気を使っていれたPRIMAL COFEEさんのアイスラテ

日産リーフから供給された電気を使っていれたPRIMAL COFEEさんのアイスラテ



(3)コーヒーメーカー等

ホシノテラス ホシノゲンキさん リーフの電気でコーヒーを提供

ホシノテラスのホシノゲンキさん。

「農家2.0」を目指し、半農家(米農家)+コーヒーという活動をしていらっしゃいます。
リーフは8月末に納車したばかりでしたが自前のニチコン社製パワームーバーはもう4~5回使ったとのこと。



ホシノテラスさんブース

これらの器具すべてリーフからの電力供給で動いていました。



日産リーフから供給した電気を使っていれたホシノテラスさんのコーヒー

じっくり丁寧に淹れたコーヒー、おいしかったです!



(4)キッチンカー

日産リーフ(ZE0)からキッチンカーへ給電

リーフからの電力供給はZE0でも可能です。

こちらのZE0リーフは、イベントを盛り上げようと集まったリーフオーナーさまのリーフ(愛知県からご参加)。

「ZE0でも電力供給できるんだよというのをわかってもらいたいと思って」とおっしゃっていました。このリーフからは奥のキッチンカーに電力供給。



日産リーフから給電した電気はミキサー、かき氷機、照明用に利用

日産リーフから給電した電気はミキサー、かき氷機、照明に利用されていました。

ニチコン社製パワームーバーを介することで最大4.5kW(1.5kWのAC100Vコンセント×3)の電力供給が可能なので、これだけ様々な電気機器が同時に使えるんですね。



日産リーフオーナーの皆さま@いわむロック2019

日産リーフオーナーの皆さま

このイベント、衝撃的でした。

屋外イベントでよくある発電機の音とにおいがまったくないんです。
未来のイベントかと思いました。

これからのイベントはこんな風になっていくのかもしれませんね。




電気自動車「日産リーフ」とその蓄電池利用についてご興味のある方は、ぜひお近くの日産のお店へご相談ください。




TOPに戻る

<注記>