NISSAN Innovation that excites

zero emission

Innovation that excites

セーフティーシールド

SAFETY SHIELD

SAFETY SHIELD「クルマが人を守る」という考え方
通常運転から衝突後まで、クルマが状況に応じて様々なバリア機能を働かせ、少しでも危険に近づけないようサポートし続けます。

SAFETY SHIELD

日産は、セーフティ・シールド「クルマが人を守る」という、より高度で積極的な安全の考え方に基づく技術開発を進めています。
これはクルマがおかれている状態を、「危険が顕在化していない」状態から「衝突後」に至るまでと広く捉え、
それぞれの状態において発生する危険要因に対して最適なバリア機能を働かせ、
少しでも危険に近づけないようサポートするという考え方です。
開発にあたっては、運転の主体は人であるという視点に立ち、ドライバーの運転をサポートすることに主眼をおいています。
これは、ドライバーに適切な情報を伝え、ドライバーの意図通りに反応するシステムの開発を推進していくということです。
加えて、万一衝突が避けられない場合においては、クルマ自体のシステムが作動し、
衝突に備えて被害を軽減させる技術開発も推進していきます。
このセーフティ・シールドの考え方に基づき、
日産は今後も新しい技術の実用化に取り組み、より安全なクルマ社会を実現していきます。

いつでも安心して運転できるようドライバーをサポートします。

早めにつけよう おもいやりライト

日産自動車はおもいやりライト運動を推進しています。

■LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付)[グレード別設定]

ハロゲンランプの約2倍の光量でより明るく遠くを照らし、夜間走行時の視認性を高めます。

■最適配光マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベライザー付)
[グレード別設定]

■オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付)
[グレード別設定]

従来のオートライトシステム機能と比較して、周囲が薄暗くなり始めた薄暮れ時および雨天時にフロントワイパーを使用した際に自動的にヘッドライトを点灯。夕暮れ時や雨天時に自車両を目立たせ、周囲の歩行者やドライバーへの注意を喚起することで、事故低減への効果が期待される、「おもいやりライト」機能付です。

■フロントフォグランプ[グレード別設定]

■高輝度LEDリヤコンビネーションランプ

■リヤ間けつ式ワイパー

■LED式ハイマウントストップランプ

■バックビューモニター(カラー、車幅/距離/予想進路線表示機能付)[グレード別設定]

電制シフトを「R」に入れると、自動的に車両後方がカラーでモニターに表示されます。

■アラウンドビューモニター(トップビュー/サイドブラインド/フロントビュー/バックビュー)[メーカーオプション]*1*2

■車両接近通報装置(Approaching Vehicle Sound for Pedestrians)

きわめて静かに走行するEVの接近を歩行者に知らせるため、停止状態からDレンジをセレクトしブレーキを離すと通報音を流して*3注意を促します。

  • *1モニターにて確認できる範囲には限界があり、カメラ位置より高い物体は表示されません。必ず車両周辺の安全をミラーや目視で直接確認してください。
  • *2車両上方から見下ろしたような映像にはつなぎ目があり、物やクルマが不連続になるとともに高さのある物体は表示されないことがあります。また、物やクルマが倒れ込み、実際の位置より遠くに表示されることがあります。
  • *3車速が30km/h以上になるとフェードアウト(減速時は25km/h以内)します。また、後退時はRレンジに入れた瞬間から通報音が流れます。

危険な状態になりそうなときも安全な状態に戻すようドライバーをサポートします。

■エマージェンシーブレーキ*4*5

■LDW(車線逸脱警報)*4*6

■VDC(ビークルダイナミクスコントロール〔TCS機能含む〕)

各種センサーにより、ドライバーの運転操作や車速などを検知し、ブレーキ圧やモーター出力を自動的に制御。滑りやすい路面やコーナリング、障害物を回避する際に発生する横滑りを軽減し、車両の安定性を向上させ、走行時の安心感を高めます。

■ABS(アンチロックブレーキシステム)+EBD(電子制御制動力配分システム)+ブレーキアシスト

乗車人数によるブレーキの効きの変化を抑えて安定した制動力を発揮するEBD(電子制御制動力配分システム)に、ABS(アンチロックブレーキシステム)、ブレーキアシストを組み合わせ、万一の際の危機回避能力を高めています。

滑りやすい路面でレーンチェンジした時の走行比較図

  • *4安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。
  • *5日産リーフのエマージェンシーブレーキは、約10〜80km/hの範囲で作動します。歩行者に対しては、約60km/h以上では作動しません。また約30km/h以下で衝突回避の能力があります。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。
  • *6LDW(車線逸脱警報)は約60km/h以上で作動します。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。

万一衝突が避けられないときに被害を最小限にとどめます。

■高強度安全ボディ(ゾーンボディ)

高強度キャビンと衝撃吸収ボディで、乗員を守るゾーンボディ(高強度安全ボディ)構造をさらに進化。自車の保護性能と相手車両への加害性の低減を両立したコンパティビリティ対応ゾーンボディを採用しました。衝突時に衝撃吸収ボディがより効率的にエネルギーを吸収。さらに高強度材を用いたフレーム構造により、堅固なキャビン(高強度キャビン)を実現しています。

■歩行者傷害軽減ボディ

■運転席・助手席SRSエアバッグシステム

■運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステム

■SRSカーテンエアバッグシステム

■全席ELR付3点式シートベルト

■運転席2ステージロードリミッター付ダブルプリテンショナーシートベルト

■助手席2ステージロードリミッター付プリテンショナーシートベルト

■エアバッグ展開連動ハザードランプ

運転席・助手席SRSエアバッグシステム

ディーラーオプション

ウインドウ撥水 12ヶ月

ウインドウ撥水 12ヶ月 施工済みの場合

 

ウインドウ撥水 12ヶ月 未施工の場合

チャイルドセーフティシート

チャイルドセーフティシート

ジュニアセーフティシート

ジュニアセーフティシート

コーティングとリフィールの「W効果」で、驚異の撥水効果を発揮します。

  • ディーラーオプションの詳しい内容は、オプションパーツ→ディーラーオプションをご覧ください。