NISSAN Innovation that excites

Innovation that excites

  • ホーム > 
  • DOG&DRIVE 獣医と考える、快適なクルマ

実は、わんちゃんにもクルマ酔いが存在します。

あなたのわんちゃんもクルマに酔っていませんか? 家族の一員であるわんちゃんと、本当はもっとお出かけしたい! そんなあなたのヒントになるかも知れない、「わんちゃんにとって快適なクルマ」を、お二人の獣医さんと考えてみました。

監修 東京農業大学 増田 宏司 教授 動物行動学が専門。著書多数 グラース動物病院 小林 豊和 院長 1993年開業。著書多数

Sign クルマ酔いしているわんちゃんの出すサインは?

サインには、不安系のサインと体調不良系のサインがあります。あなたのわんちゃんもこんなサインを出していませんか? ※サインには個体差があります。下記のサインが必ずしもクルマ酔いを表しているとは言えません。

不安系サイン

体調不良系サイン

Cause わんちゃんのクルマ酔いの原因は?

様々な原因が重なって、クルマ酔いを引き起こしています。 5つの大きな原因 ※わんちゃんのクルマ酔いには個体差があります。下記の原因が必ずしもクルマ酔いを誘発するとは限りません。

Doctors’ Voice

東京農業大学 増田 宏司 教授  動物行動学が専門。著書多数 車内環境を普段くつろいでいる環境に近づけましょう。犬はいつもと違う環境にいることでとても不安を感じます。普段おうちでくつろいでいるときとは違った、振動や騒音、クルマ特有のにおい。それらは犬がクルマに酔ってしまう要因でもあります。今回、電気自動車に初めて乗ったのですが、その静粛性と揺れの少なさは私の予想をはるかに超えていて、驚きました。音も揺れも、犬が“クルマに乗っていること”が気にならないレベルだと思います。 私たち研究者はこれまで、犬をクルマの環境(揺れや騒音など)に慣らすため、さまざまなトレーニングを考えてきました。しかし電気自動車は揺れや騒音をほとんどクリアしていると思います。あとは普段おうちで使っているクッションなどを持ち込み、においの面でも普段の環境に近づける工夫をしたり、こまめな休憩で気分転換をさせてあげれば、クルマが苦手なわんちゃんを減らすことができると思います。

グラース動物病院 小林 豊和 院長 1993年開業。著書多数 安全性の確保と温度管理が大切です 臨床的な立場からすると、揺れる車内ですべって転ばないように安全性を確保すること、そして熱中症を防ぐための温度管理が重要です。以前にも電気自動車に乗ったことがありましたが、今回乗った日産リーフは特に振動の少なさ、スムーズなアクセリングが印象的でした。滑らかな発進、停止ができ、コーナリングも安定しているので、車内で犬がすべって転ぶ危険性を減らすことができると思います。これは同時にクルマ酔いの要因も減らしていると思います。 また、“乗る前エアコン”という機能はとてもいいですね。お出かけ前に車内の温度管理ができるので、犬の熱中症を防ぐことができる優れた機能ですね。

※電気自動車が必ずしも、わんちゃんのクルマ酔いを解消するわけではありません。 わんちゃんとのドライブを楽しむための工夫や、トレーニングがあります。 愛犬のためのおまとめリンクはこちら

Owner’s Voice 電気自動車オーナー中村さつきさんと愛犬リーフくんにも聞いてみました! 「電気自動車はわんちゃんが幸せになるクルマ」 電気自動車は犬の幸せがふえるクルマです。中村さつきさんと愛犬リーフくん (埼玉県熊谷市)

電気自動車(以下、EV)を購入した理由は、「お散歩中の犬に排気ガスを吸わせたくないから」です。 以前、リーフをエンジン車に乗せたことがあるのですが、酔ってしまってぐったりしていました。EVに乗っていてクルマ酔いしたことはないです! EVは、『犬の幸せがふえるクルマ』だと思っています。 クルマに弱いわんちゃんを飼っている方にはぜひお試しいただきたいです。

嗅ぎ慣れたにおいと一緒にドライブ ドライブのときは、リーフのにおいが付いているペットキャリアを持って出かけます。普段はリビングで使っているお気に入りなので、 クルマの中でも落ち着いて過ごせるのではないかと思っています。

自然とやさしい運転になります。 エンジン音がしないので静かで振動も少ないですし、低重心で走行もスムーズです。“電費向上”を考えると自然とやさしい運転になっています。EVを運転しているときの私自身の安心感が、 そのままリーフにも伝わっている感じがします。

“乗る前エアコン”サイコー 犬を連れているときに嬉しい機能は『乗る前エアコン』です。記録的な暑さに見舞われる夏の熊谷では必須です。スマホアプリで出発前にエアコンをつけておいて、涼しいクルマに乗せられるのはとっても助かります。アイドリングの必要がないEVならではの便利な機能だと思います。冬はホカホカにもなります。(笑)

充電時間は犬とのふれ合いタイム EVに乗り替えてから、犬と一緒に遠出する機会が増えました。充電スポットで休憩するたびに遊んだりお散歩したりするからでしょうか?リーフはいつも楽しそう(笑)にドライブに付き合ってくれるんです。犬の幸せな時間をふやすために、断然EVをオススメします。

※本記事は2016年12月時点の情報を元に作成されております。

Movie 『DOG&DRIVE 獣医と考える、快適なクルマ』 ムービー公開中

  • 顔出し篇

  • いびき篇

  • カタログをチェックする
  • ホーム > 
  • DOG&DRIVE 獣医と考える、快適なクルマ

実は、わんちゃんにもクルマ酔いが存在します。

あなたのわんちゃんもクルマに酔っていませんか?家族の一員であるわんちゃんと、本当はもっとお出かけしたい!そんなあなたのヒントになるかも知れない、「わんちゃんにとって快適なクルマ」を、お二人の獣医さんと考えてみました。

グラース動物病院 小林 豊和 院長 1993年開業 著書多数 監修 東京農業大学 増田 宏司 教授 動物行動学が専門。著書多数

Sign クルマ酔いしているわんちゃんの出すサインは?

サインには、不安系のサインと体調不良系のサインがあります。あなたのわんちゃんもこんなサインを出していませんか? ※サインには個体差があります。下記のサインが必ずしもクルマ酔いを表しているとは言えません。

不安系サイン

体調不良系サイン

Cause わんちゃんのクルマ酔いの原因は?

様々な原因が重なって、クルマ酔いを引き起こしています。 5つの大きな原因 ※わんちゃんのクルマ酔いには個体差があります。下記の原因が必ずしもクルマ酔いを誘発するとは限りません。

におい

犬の嗅覚は鋭く、私たち人間の想像をはるかに超えます。嗅ぎ慣れないにおいがするクルマの中や、その周囲はとっても不安です。 電気自動車なら…

あの排気ガスが出ません。 そのためテールパイプもありません。ガソリンを一切使用しない電気自動車は、給油も不要なので、ガソリンスタンドに漂うあのガソリンのにおいとも無縁です。

ガソリンや排気ガスなど、刺激の強いにおいがしないということは、それだけでも嗅覚が鋭いわんちゃんにとってやさしいクルマと言えます。室内でいつも使っている、自分の匂いがついているものと一緒に乗せてあげるとより安心します。 増田 宏司 教授

音

犬は人間よりも聴力が優れているため、クルマの中の聞き慣れない音や大きな音に不安を感じている可能性があります。 電気自動車なら…

電気自動車はエンジン車より断然静かです。 電気自動車の動力源はエンジンよりも静粛性の高いモーターです。加速時の静粛性を比較すると、電気自動車はガソリン車に比べ圧倒的に静かで、アイドリング時は、ほぼ無音と言えます。

電気自動車のモーターって?

加速時の音(日産調べ) アイドリング時の音(日産調べ)

この静かさは正直、驚きました。犬はいつも乗っているクルマとは別物(クルマじゃない)と感じるかもしれませんね。静かな車内だと飼い主さんの声が聞こえやすいのも安心だと思います。 増田 宏司 教授

ゆれ・振動

犬は触圧覚が優れているため、些細な振動にも敏感です。 また、体が小さい分、つねに踏ん張っていなければなりません。 電気自動車なら…

エンジン車よりも、ゆれ・振動が小さいです。 電気自動車は、重量の大きなバッテリーを床下に敷いているため、エンジン車に比べ、重心がより低く、より中央にあります。そのため、上下のゆれや、コーナリング時の横ブレも抑えます。またモーターはエンジンに比べ、駆動による振動も小さいです。

電気自動車 エンジン車

体の小さなワンちゃんは私たち人間よりも揺れを大きなものと感じます。重心が低く車体が安定してワンちゃんにとってやさしいですね。エンジンの振動がないのもワンちゃんにとってやさしいと思います。 小林 豊和 院長 ※車体の揺れは運転の仕方に大きく影響されます。急発進・急ブレーキを避け、スムースな運転を心がけましょう。

湿度

わんちゃんは体毛に覆われているため、暑さにとっても弱いです。適切な温度管理ができなければ、熱中症のリスクも高くなります。 電気自動車なら…

お出かけ前に操作すれば、快適な温度のクルマにわんちゃんと一緒に乗り込めます! 日産リーフ(※G/Xグレード)はスマートフォンのアプリを使ってエアコンを起動できる”乗る前エアコン機能”で、クルマの室温管理を遠隔で行えます。

熱中症対策は、わんちゃんのために最も気を配るべきことです。乗る前エアコンはわんちゃんにとてもやさしい機能ですね。 小林 豊和 院長

疲労

長時間のドライブで疲れるのはわんちゃんも人間も同じです。こまめな休憩をとり、リフレッシュを心がけましょう。 電気自動車なら…

わんちゃんとの遠出も、もう夢じゃありません。 電気自動車を充電しながらわんちゃんを休憩させられるドッグランと急速充電器を併設したSA/PA、道の駅が増えています。 ドッグランでわんちゃんも気分転換!

充電スポットは全国に17000基以上

充電(=休憩)を必要とする電気自動車でのカーライフは、わんちゃんにとってやさしいカーライフと言えるのではないでしょうか。疲労を感じたら早めの休憩を心がけましょう。 増田 宏司 教授

Doctors’ Voice

東京農業大学 増田 宏司 教授  動物行動学が専門。著書多数 車内環境を普段くつろいでいる環境に近づけましょう。

犬はいつもと違う環境にいることでとても不安を感じます。普段おうちでくつろいでいるときとは違った、振動や騒音、クルマ特有のにおい。それらは犬がクルマに酔ってしまう要因でもあります。 今回、電気自動車に初めて乗ったのですが、その静粛性と揺れの少なさは私の予想をはるかに超えていて、驚きました。音も揺れも、犬が“クルマに乗っていること”が気にならないレベルだと思います。
私たち研究者はこれまで、犬をクルマの環境(揺れや騒音など)に慣らすため、さまざまなトレーニングを考えてきました。 しかし電気自動車は揺れや騒音をほとんどクリアしていると思います。 あとは普段おうちで使っているクッションなどを持ち込み、においの面でも普段の環境に近づける工夫をしたり、こまめな休憩で気分転換をさせてあげれば、クルマが苦手なわんちゃんを減らすことができると思います。

グラース動物病院 小林 豊和 院長 1993年開業。著書多数 安全性の確保と温度管理が大切です

臨床的な立場からすると、揺れる車内ですべって転ばないように安全性を確保すること、そして熱中症を防ぐための温度管理が重要です。以前にも電気自動車に乗ったことがありましたが、今回乗った日産リーフは特に振動の少なさ、スムーズなアクセリングが印象的でした。 滑らかな発進、停止ができ、コーナリングも安定しているので、車内で犬がすべって転ぶ危険性を減らすことができると思います。これは同時にクルマ酔いの要因も減らしていると思います。 また、“乗る前エアコン”という機能はとてもいいですね。お出かけ前に車内の温度管理ができるので、犬の熱中症を防ぐことができる優れた機能ですね。

※電気自動車が必ずしも、わんちゃんのクルマ酔いを解消するわけではありません。わんちゃんとのドライブを楽しむための工夫や、トレーニングがあります。 愛犬のためのおまとめリンクはこちら

Owner’s Voice 電気自動車オーナー中村さつきさんと愛犬リーフくんにも聞いてみました! 「電気自動車はわんちゃんが幸せになるクルマ」

電気自動車は犬の幸せがふえるクルマです。中村さつきさんと愛犬リーフくん (埼玉県熊谷市)

電気自動車(以下、EV)を購入した理由は、「お散歩中の犬に排気ガスを吸わせたくないから」です。 以前、リーフをエンジン車に乗せたことがあるのですが、酔ってしまってぐったりしていました。EVに乗っていてクルマ酔いしたことはないです! EVは、『犬の幸せがふえるクルマ』だと思っています。 クルマに弱いわんちゃんを飼っている方にはぜひお試しいただきたいです。

嗅ぎ慣れたにおいと一緒にドライブ ドライブのときは、リーフのにおいが付いているペットキャリアを持って出かけます。普段はリビングで使っているお気に入りなので、 クルマの中でも落ち着いて過ごせるのではないかと思っています。

自然とやさしい運転になります。 エンジン音がしないので静かで振動も少ないですし、低重心で走行もスムーズです。“電費向上”を考えると自然とやさしい運転になっています。EVを運転しているときの私自身の安心感が、 そのままリーフにも伝わっている感じがします。

“乗る前エアコン” サイコー 犬を連れているときに嬉しい機能は『乗る前エアコン』です。記録的な暑さに見舞われる夏の熊谷では必須です。スマホアプリで出発前にエアコンをつけておいて、涼しいクルマに乗せられるのはとっても助かります。アイドリングの必要がないEVならではの便利な機能だと思います。冬はホカホカにもなります。(笑)

充電時間は犬とのふれ合いタイム EVに乗り替えてから、犬と一緒に遠出する機会が増えました。充電スポットで休憩するたびに遊んだりお散歩したりするからでしょうか?リーフはいつも楽しそう(笑)にドライブに付き合ってくれるんです。犬の幸せな時間をふやすために、断然EVをオススメします。

※本記事は2016年12月時点の情報を元に作成されております。

Movie 『DOG&DRIVE 獣医と考える、快適なクルマ』 ムービー公開中

顔出し篇
いびき篇