NISSAN Innovation that excites

zero emission

Innovation that excites

リーフ オーナーボイス

  • 全て表示
  • 航続距離について
  • 充電する場所やタイミング
  • 価格や維持費について
  • 法人オーナー
  • LEAF to Home

個人オーナーの声 30
いま私、回生ブレーキでトクしてまーすって思いながらブレーキを踏んでいます

若宮秀樹(わかみや ひでき)さん/淳子(じゅんこ)さん
和歌山県橋本市在住

[納車] 2014年7月
[グレード] S
[ボディカラー] スーパーブラック
[使い方] 通勤、ドライブ

周囲も電気自動車に興味津々

「すごくスタイリッシュになったので、『え?これリーフなの?』と、聞かれることがありますね。エアロが思っていた以上にかっこいいみたい」

そう話すのは、ドライブが趣味の若宮夫妻。日産リーフ エアロスタイルに乗りかえる前は、軽自動車と外国産のスポーツカーの2台を用途に合わせて使い分けていたそうだ。

「みなさん、実際に電気自動車の充電を見たことがないのでけっこうおもしろがっていました。充電口を見て『2つあるけどなぜ?充電はどこでできるの? 家に充電設備を作るの?電気代はいくらぐらいかかるの?』って質問されました。ハイブリッド車に乗っている人も『どんな感じ?』って聞きにくるんです

エアロスタイルの発売で乗りかえを決意

リーフに乗りかえた理由は、ズバリ「エアロスタイル」の発売だという。

「もともと車が好きで、ディーラーを回っているときに、リーフを見て、思っていたよりスタイリッシュで、使い勝手もよさそうと思っていました。ただ、その時は金額的な問題もあり最終的には踏み切れなかったんです。  同時にエコについて考えていくうちに、軽自動車にも興味が湧いてきて、それでデイズを選んだんです。それで1年ほど乗っていたんですが、営業さんから『こんなのお好きじゃないですか』と、リーフにエアロスタイルが出ることを聞いて。これだったらいいなって思って乗りかえることを決めました」

気軽に気持よく走りを愉しめるリーフ

休日はドライブを楽しむのが趣味という夫妻には、リーフは最適なクルマだという。

「もうひとつのスポーツカーは、まさにスポーツカーって感じですが、リーフは、ちょっと気楽に乗りたいときに最適ですね。加速もするしカーブも思った通りに曲がってくれるっていう機敏さもあります」

「絶対的なスピードはスポーツカーにくらべればないかもしれませんが、100km/hまでに達するスピードといったら!」

「普段の街乗りでストレスがないっていうのはいいですよ。がんばらなくていいから気楽に、どこへでも行けるんです」

意識も、走り方も変わる

また、知らずしらずのうちに自らの走り方も回生ブレーキの特性を活かしたものに変わってきているという。

「リーフに乗ったら(前より)安全運転をするようになったんです。それこそ、スポーツカーだと調子にのってアクセルを踏みたくなるんですが、リーフは走り自体が楽しいので、無理な加速ではなく、航続距離を伸ばすことにもおもしろさを感じるようになりました」

「やっぱりエコカーっていう意識もあって、変な運転しちゃいけないって思うんです。普通のクルマだったらブレーキをかけたら損な気持ちになるんですけど、リーフは逆」

「いま私、回生ブレーキでトクしてまーすって思いながらブレーキを踏んでるんです。ブレーキを踏むのが楽しくなるっていうのは、不思議な感覚ですね。だから、下り坂を走るのも好きなんです」

電気自動車の持つ“走り”を堪能し、また、新しい愉しみ方を発見、実践している若宮夫妻。これからも、リーフの持ち味を存分に活かしたカーライフを満喫されることでしょう。

  • 価格や補助金、充電インフラ等の情報は掲載時点での情報を元にしており現在とは異なる場合があります。