NISSAN

Zero Emission


  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 英数

インテリジェントキー

ドアに付いているリクエストスイッチを押すだけで、鍵穴にキーを差込まずにロックしたり、逆に鍵を開けたりできるシステム。イグニッションにキーを差し込まずにエンジンの始動・停止も可能。

インバーター

直流を交流に変換し、モーター出力を制御する装置のこと。
モーターの出力制御は、交流電流をコントロールすることによって行われる。

エコドライブサポート

日産のクルマに搭載されている、エコドライブを支援するためのシステム。アッパーメーターやナビ画面、WEB上でドライバーのエコ運転の状態や、世界の国でのエコドライブランキングの情報を閲覧できる。

エコモード

エコモードを選択するとマイルドな駆動力特性になり、アクセルペダルを戻した際の回生エネルギーを増やす。また、空調もマイルドになる。

カーシェアリング

1台の自動車を複数の会員が共同で利用する自動車の利用形態。利用者は自ら自動車を所有せず、管理団体の会員となり、必要な時にその団体の自動車を借りるという、会員制レンタカーのようなもの。ただし、レンタカーより短い時間単位で使うことを想定したシステムになっている。多くの場合、無線通信機能付きの会員認証・車両管理システムを車載し、無人貸渡を可能にしている。

回生協調ブレーキ

ブレーキペダルを踏んだとき、油圧ブレーキよりも回生の作動を優先させることで最大限のエネルギーを回収する装置。車両、バッテリー、モーターの状態に応じて、回生による制動と油圧ブレーキによる制動の割合を最適に調整する。

冠水路走行テスト

日産リーフは万一、浸水した道を走行するような場合でも、感電や漏電が起こらないよう設計し、実際に冠水路で走行テストを行い確認している。

寒冷地テスト

日産リーフは氷点下となる寒冷地でも支障なく使えるように設計し、実際に氷点下となる寒冷地でも始動・走行テストを行い確認している。

機械遺産

日本機械学会の事業の一つ。歴史に残る機械技術関連遺産を大切に保存し、文化的遺産として次世代に伝えることを目的にしており、日本国内の機械技術面で歴史的意義のある機械が「機械遺産」(Mechanical Engineering Heritage)として認定される。2010年8月にはたま電気自動車も認定された。(参照元:機械遺産サイト

クリーンエネルギー

和製英語《clean+(ドイツ)Energie》。化石燃料や原子力等と違い、大気汚染物質を発生しないエネルギー。風力・太陽熱などをさす。

高圧力洗車テスト

日産リーフは洗車時などの高圧洗浄で機関に問題が生じないことを、実際にテストして確認をしている。

再生可能エネルギー

自然の営みから半永久的に得られ、継続して利用できるエネルギー。化石燃料などと違い、自然の活動によってエネルギー源が絶えず再生、供給され、地球環境への負荷が少ない。新エネルギー(中小水力・地熱・太陽光・太陽熱・風力・雪氷熱・温度差・バイオマスなど)、大規模水力、および波力・海洋温度差熱などのエネルギーを指す。温室効果ガスを排出することなくエネルギーを得られるため、地球温暖化対策の一つとしても重要視されている。クリーンエネルギーとも言う。(参照元:Yahoo!辞書)

市民ワークショップ

日産のthe new action ツアーで行われている市民参加のワークショップは、EVのある未来の街を実現するためのアクションプランなどを考える場になっている。

車両接近通報装置

EVの静かさに対して、歩行者の車両接近に対する認識を向上する装置のこと。環境適合性にも配慮している。
コントローラーに内蔵されたコンピューターとシンセサイザーで、車両の車速や前進および後退時に合わせた音を作り、モータールーム内に設置したスピーカーを通じ音を発生。スイッチ操作により、発生を一時停止させることもできる。※国交省ガイドライン準拠。

充電ステーション(充電スタンド)

電気自動車を充電するための設備。今後、駐車場や店舗など、さまざまな施設に設置される。

充電設備ワンストップサービス

日産が(株)JMと協力して提供するサービスの名称。日産のお店での電気自動車(EV)購入からご自宅の充電器設置工事の手配まで、ワンストップでサービス提供する体制を構築する。全国で安全・高品質かつ低価格な充電器設置工事を行い、納車前までに施工を完了。さらに施工後、緊急時には2時間以内に対応するなどのサービスも提供する。

充電ポートカバー

普通充電中のいたずら防止に用意された日産リーフのディーラーオプション品。充電ポートリッドのロック機構を使い固定することで、外部からのいたずら防止に役立つ。また充電口を覆うことで、雨や雪の侵入を防ぐことができる。

充電ポートライト

日産リーフのディーラーオプション品で、充電ポートを照らすライトのこと。充電ポートを明るく照らすことで、暗い場所で充電ケーブルの接続がスムーズに行える。

スタートアップサウンド

パワースイッチを押すとエンジン音のかわりに鳴る音。3種類から選択することが可能。

スマート充電技術

先進的な機器・通信・制御技術を用いて家庭・ビル・電力網単位で効率的な電力需給を行いEVに充放電を行う技術。

スマートフルディティ

日産リーフは、そのデザインコンセプトを「スマート・フルディティ(賢い流動体)」とし、クリーンなイメージ、知性を感じるデザインと共に、最高の空力と風音性能を実現するボディと、革新的で独創的な5人乗り5ドアハッチバックのパッケージングを実現した。

絶縁構造

万一の衝突時に備えて、電気自動車(EV)のバッテリーやモーターなどの高電圧部品に採用されている構造。

たま電気自動車

1947年に生産された、日産の電気自動車開発における第一号車。2010年に日産の技術者達によって、本格的なレストア(修復)が行われた。同年8月7日、社団法人日本機械学会から機械遺産認定を受ける。

蓄電複合システム化技術開発

分散電源の大量導入を可能にするため、需要側に設置する蓄電池及びその利用技術の開発、蓄電池技術を用いたエネルギーマネジメントシステムの実証、国際展開も視野に入れたシステムとしての評価技術開発、標準化等に取り組む事業。(参照元:NEDOサイト

ツインデジタルメーター

日産リーフに搭載される、一目でEVと分かる未来感と見やすさを併せ持つハイテク電子装備。外界との視点移動が少ない上段メーターにスピードメーター、時計、外気温、エコインディケーター等、見る頻度の高い表示を配置。下段カラーメーターにはパワー回生、残電量(到達可能距離表示)、バッテリー温度等のEV特有機能を中心に配置した。スタートアップ音とともに始動し、レディーランプ点灯で走行可能となる。

日産EV法人メンテナンスサービス

契約することで高品質の車両メンテナンスとEV専用サービスを受けることができる、法人向けのメンテナンスサービスのこと。

日産カードスーパーレスキューコール24

日産 ゼロ・エミッション サポート プログラムの一つ。万が一のトラブルや電欠時には24時間365日、専用オペレータが対応する。さらに、電欠時は最寄りの日産の充電可能店舗へのレッカー手配も行う。

ニッサン・グリーン プログラム2010

日産が持続可能なモビリティ社会を実現するために立てた中期環境行動計画。日産の環境理念である「人とクルマと自然の共生」の実現に向けて、具体的な目標を設定している。

日産 ゼロ・エミッション サポート プログラム

お客さまのはじめてのEVカーライフをトータルサポートするためのサービスをパッケージ。ITサポートやEVカーライフサポート、メンテナンスサポートなど、便利、快適、安心、お得がつまったパッケージになっている。

乗る前エアコン

離れた場所からエアコンの操作ができる機能。

バイワイヤシフト

シフトレバーからシフトギアへの伝達を、機械式ではなく電気信号で行い、非常に軽い操作感が特徴。日産リーフではこれをPCマウスを思わせる独創的なデザインにし、一目でEVと分かる装備の一つとして開発した。

箱根EVタウンプロジェクト

EV普及のために神奈川県が主体となって推進しているプロジェクトで、日産も神奈川県と箱根町などとともに参画を発表している。
プロジェクトは箱根におけるEV利用の拡大を目的としており、現地の公共交通機関などへのEV導入と活用(EV観光タクシー・レンタカー・EVシェアリング・EVバイク)や、再生可能エネルギーとEVとの連携の検討などが上げられている。

ブルーシチズンシップ

日産では、「青い地球を守りたい」「人や社会と共生する企業市民でありたい」という想いを「ブルーシチズンシップ」という言葉で表し、さまざまな取り組みを実施。それは、地球環境保護のようなグローバルなものから、地域社会への貢献、ダイバーシティ(多様性)の推進、そしてより多くの人びとにクルマで移動する喜びを提供することなど、極めて多岐にわたる。

放電対応EV(電気自動車)を用いたエネルギーマネジメントシステム

EVの車載蓄電池を、将来的に電力貯蔵可能な社会インフラの一つとして、家庭および地域社会で活用するためのシステム。日産はこのシステムを担う「蓄電複合システム化技術開発」の横浜市実証グループの幹事社になっている。

メンテナンスサポート(ゼロエミッション・サポートプログラム)

車両搭載ナビへの情報発信や6ヶ月ごとの点検と車検(初回)、バッテリーの使い方診断とコンピューター診断など、EVカー専用のメンテナンスをカバーするためのサービス。

モーター

電力を動力(回転力)に変えて、タイヤを動かす装置。さまざまな種類があるが、EV用は減速時に発電機として、減速エネルギーの一部を電気として回収できる、三相交流同期モーターが主流になっている。

屋久島CO2フリーの島づくり

再生可能エネルギーである水力の豊富な世界自然遺産・屋久島において、鹿児島県と日産が低炭素化社会の先進的な地域づくりのために連携して取り組むために結ばれた協定。

ライフサイクルアセスメント

製品やサービスに関わる資源の採取から製造、使用、廃棄、輸送等の全ての段階を通して、投入資源あるいは排出環境負荷及びそれらによる地球や生態系への環境影響を定量的、客観的に評価する手法である。

リチウムイオンバッテリー

日産の電気自動車(EV)には、新開発の薄いラミネート型リチウムイオンバッテリーを採用。軽量でコンパクトながら、ケータイ約8,000台分の電気をチャージできる。

レアメタル

流通量・使用量が少なく希少な金属。様々な産業に利用され、電気自動車のバッテリーおよびモーターにも使われている。

路面段差走行テスト

日産リーフは段差を乗り越えるときなど、アンダーフロアに衝撃を受けた場合に床下にあるバッテリーに影響がないことを、走行テストを行い確認している。

 

CHAdeMO

正式名称は「CHAdeMO協議会」。今後の電気自動車のさらなる普及に必要不可欠な急速充電器の設置箇所の拡大、および充電方式の標準化を図ることを目的に設立された。

DC/DCコンバーター

電装品のための電源を作りだす装置。日産リーフの場合、オーディオ、ヘッドランプなどの電装品は12V電圧で作動するため、走行用のリチウムイオンバッテリーとは別のバッテリーが必要となる。

EVエマージェンシーサポート(ゼロエミッション・サポートプログラム)

万が一のトラブルや電欠の際に必要なレッカー手配や、トラブル発生時の帰宅費用やホテル代を補償するなど、EVカーライフを安心してお楽しみいただくためのサービス。

EVカーライフサポート(ゼロエミッション・サポートプログラム)

全国の日産のお店で充電ができる、日産レンタカーの基本料金が割引になるなど、EVカーライフをますますお得にするためのサービス。

EV専用カーウィングスナビゲーションシステム

あらゆる機能と技術を結集し、高機能化・高性能化を実現した、電気自動車(EV)専用のカーウィングスナビゲーションシステム。最速ルートの案内、地上デジタルテレビやiPod®にも対応し、エンターテインメント機能も充実している。

EV用タイマー機能

ナビゲーション画面でタイマーをセットすると、クルマが自動的にエアコンや充電を開始・停止させる機能。電気料金のお得な時間帯に充電できたり、準備万端で出発することができる。

ITサポート(ゼロエミッション・サポートプログラム)

最新充電スポット検索やオペレーターサービス、充電状況や整備履歴の閲覧、リモート充電機能など、ITを通して各種サービスを提供する。

NEDO

独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構の略称。日本の産業技術とエネルギー・環境技術およびその普及を推進する研究実施機関。(参照元:NEDOサイト

SAFTY SHIELD セーフティーシールド

通常運転から衝突後まで、クルマが状況に応じて様々なバリア機能を働かせ、少しでも危険に近づけないようサポートし続ける。
ドライバーに直感的に感じられる運転操作の支援を行うことに主眼を置いており、「クルマが人を守る」という考え方に基づく。

the new action

電気自動車(EV)の普及に向けて、皆さんと日産で創りあげていく活動を指す。ソーシャルメディアや日産Webサイト、ワークショップなどを通して、皆さんから電気自動車(EV)に対する賛成の声・アイデアをいただき、それを政府や自治体に呼びかけ、日産にできることはどんどん実行していくことを目標とする。

the new driver

電気自動車(EV)に乗ったことがあり、電気自動車(EV)の普及に「賛成」の声を上げていただいた方のこと。新しいモビリティ社会を拓く先駆者でもある。

3R

日本の循環型社会形成推進法に定められた廃棄物の処理やリサイクルの優先順位。リデュース(reduce:廃棄物の発生抑制)、リユース(reuse:再使用)、リサイクル(recycle:再生利用)のこと。

4R

電気自動車(EV)の普及を目的として、日産自動車株式会社と住友商事株式会社が、電気自動車(EV)に使用されるリチウムイオンバッテリーを「再利用、再販売、再製品化、リサイクル(Reuse, Resell, Refabricate, Recycle)」し、グローバル市場におけるエネルギー貯蔵のソリューションとして2次利用を行うための事業戦略の名称。

ページトップへ戻る



  • facebook
  • twitter
  • BLOG

ソーシャルアカウントについて