NISSAN

Zero Emission


日産リーフの技術、考え方が世界で認められました。

32年の歴史のなかで初のEV(電気自動車)受賞 2011-2012日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞

日産リーフは、EV(電気自動車)としての高い実用性や、持続可能なゼロ・エミッション社会の実現に向けた取り組みが評価され、2011-2012日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。
本年で第32回となる「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の長い歴史の中で、電気自動車が同賞を受賞するのは初めてのこととなります。

ロゴ:2011-2012 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞 主催:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会

電気自動車として初めて受賞 2012年次 RJCカー オブ ザ イヤーを受賞

今回の選考においては、「日産リーフ」がこれまでにないドライビングフィールを提供し、ITの活用などによって電気自動車を身近な存在としたことに加え、車両に搭載した大容量のリチウムイオンバッテリーから電力を供給し、家庭用電源として活用できるようにするなど、モビリティの新しい価値を提案したことも高く評価されました。

ロゴ:2012年次 RJCカー オブ ザ イヤーを受賞

ゼロ・エミッション車を核とする総合的な取り組みが世界に認められた証 ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2011受賞

2011ワールドカーオブザイヤー受賞

世界初のグローバル市場に向けたお求め易い量産型EV「日産リーフ」に対して、このワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2011の受賞は、欧州カー・オブ・ザ・イヤーの受賞を始め各国における数々の受賞に続き、日産および日産のゼロ・エミッション車を核とする総合的な取り組みが世界のお客さまに認められた証となりました。

EV(電気自動車)として初となる名誉ある受賞 欧州カー・オブ・ザ・イヤー2011

日産リーフは競合するモデル40車種を破り、欧州カー・オブ・ザ・イヤー2011を受賞。EV(電気自動車)の受賞は47年の歴史を持つ本賞では初めて。
審査委員長のハカム マットソン氏は、「EVが画期的でありながらも、従来のクルマと多くの点で競合できることを認識させた最初のクルマである」と述べた。

EV(電気自動車)ならではの機能を実現した、専用ICTシステムを評価 グローバルモバイル賞2011

スペインで開かれたGSMAモバイル世界会議において「日産リーフ」のEV専用ICTシステムが卓越性と革新性を高く評価され、2011年「自動車・輸送部門ベストモバイルイノベーション賞」を受賞。この賞は最新のモバイル製品、サービスに対して贈られる世界的に権威のある賞である。

GLOBAL MOBILE AWARDS 2011

ゼロ・エミッション社会の推進のための包括的な取り組みを評価 2010年度グッドデザイン賞 金賞

車両そのもののデザインに留まらず、持続可能なゼロ・エミッション社会を推進することを目指し、政府・地方自治体、電力会社等とのパートナーシップ締結、リチウムイオンバッテリーの生産、バッテリーの二次利用、クルマへのリサイクル材の使用、内製急速充電器の生産・販売、充電インフラの整備、他社との充電方式の標準化推進など、「EVのある生活」をデザインする、という同社の包括的な取り組みが高く評価された。

ページトップへ戻る



  • facebook
  • twitter
  • BLOG

ソーシャルアカウントについて