NISSAN Innovation that excites

Innovation that excites

充電設備について

充電設備の設置およびご利用ガイド

電気自動車(EV)を快適にご利用いただくための、ご家庭などへの充電設備の設置、およびご利用時の留意点についてご案内しております。
電気自動車(EV)をご購入・ご使用される前に、当ページをご覧いただき、充電環境について事前のご準備にお役立てください。

駐車場の充電整備工事

電気自動車(EV)をご購入・ご使用される前に、ご確認いただきたいこと。

保管場所

100%電気で走行する日産リーフには、充電が可能な保管場所が必要です。そのため「単相AC200V」または「単相AC100V」(以下、AC200VまたはAC100Vと表記)のコンセントやケーブル付充電器、パワーコントローラ※1などを設置する電気工事も必要となります。

電力会社との契約、電気工事

  • 充電に必要な電力は、AC200Vの場合には約3kWとなり、一般的な契約電圧のAC100V換算で30Aの電流値が必要となります。このため、現在の電気の利用状況によっては、日産リーフを充電するために、現在の電気契約の変更が必要となる場合があります。電力会社の「夜間電力を利用した料金プラン」を利用する場合は、電気契約の変更が必要になります。同プランは、昼間の電気料金が高くなる場合がありますので、ご注意ください。
  • 電気工事は、専門の電気工事業者による内線規程※2に基づいた適切な工事が求められます。また、EV専用の接地付きコンセント・手元スイッチ・専用線および専用線への漏電遮断器付きブレーカの設置など、日産が推奨する仕様に沿った工事を実施してください。
  • コンセント(充電器)の設置位置については、以下の点にご留意ください。
  • ・日産リーフの給電口(ポート)は車両前方にあります。
  • ・充電用ケーブルの長さは7.5mが標準となっています。

充電時間

メーターの電池残量警告灯が点灯してから満充電までの所要時間は、AC200Vで約8時間、パワーコントローラ使用の場合最短で約4時間となります。 気温などの条件によって所要時間は、異なる場合があります。 コンセントを設置の場合日産は、利便性の高いAC200Vでの充電を推奨しています。

  • ※1パワーコントローラ:日産リーフを家庭、店舗用電源として使用するための装置。
  • ※2内線規程:電気工事の設計、施工、維持、検査の基準として、広く電気工事業者等に利用されている代表的な民間規格。

充電器設置ガイド情報

充電器設置にあたっては下記の情報もご活用ください。